MENU

アトピーや敏感肌でかゆいカサカサ肌をどうにかしたい!

 

 

 

赤ちゃんの湿疹で乳児湿疹だと思っていたら、一向に良くならず病院でアトピーと診断されたという話もあります。

 

まれに、生後すぐにアトピーだと診断する医師もいるようですが、
実際は、生後4カ月以降でないとアトピーかどうかはわらないそうですよ

 

乳児湿疹とアトピーの違いってなんなの?

 

乳児湿疹とアトピーの違いですが、乳児湿疹は、ほとんどの赤ちゃんに起こり、おもに顔が多いです。
1歳までにはおさまるのが通常です。

 

アトピーは、ひじやひざ裏の関節や顔や胸などに出てきます。

かなりかゆくかいてしまうと、ジュクジュクになっていることもあります。

 

 

アトピーや肌が弱い敏感肌で、すぐに乾燥してしまいカサカサでかゆくてかいてしまうのをどうにかしてとめたい!って思いますよね。 
自分自身でもかゆい時ってかかないと気が済まないのに、赤ちゃんや子供には掻いてはダメと、手をとめたりしてしまいますが、かゆいときはイライラしてどうしようもありません。 
赤ちゃんなら泣くことも多いでしょう。

 

かゆいアトピーや敏感肌のケアの仕方は?

 

アトピーがでてしまう肌というのは通常の皮膚よりバリアが弱いんです。
そのために、刺激が肌内部にはいりやすくなってしまっています。
つまり、バリア機能を強くする必要があります。 

 

医師がステロイドを処方するのは、今の症状の悪化を食い止めたりかゆみをおさえたりすることです。
たしかに、今の状況をよくしたいのはわかりますが、今後、アトピーがでにくくする必要もありますよね。
どうやってアトピーと向き合っていくかです。

 

かゆくて肌がカサカサしているアトピーや敏感肌には、ファムズベビー(famsbaby)を使っている家庭も多いんです。 
ファムズベビーは、皮膚に膜をはってくれますから、バリア機能の働きをしてくれます。 

 

バリアが弱っている肌質なので、バリアが強くなることで、刺激が肌内部に入りにくくなりますから、炎症もおきにくいんです。 

 

そうなると、かゆみも減ってきますから、症状が和らいでくるんです。 
皮膚を保護してくれるので、ほこりや花粉など空気中の刺激物にも効果的です。

 

ファムズベビーは、肌にぬると8時間程度持続し、また、洗ったり汗をかいても落ちないので、赤ちゃんや子供には使いやすいですよ。

 

アトピーで、プールの塩素で身体がかゆかったりピリピリするのを、ファムズベビーを身体に塗ってからプールに入ると、アトピー症状が出ないで過ごせるというのもあるんです!

ファムズベビー公式サイトを見てみる<<<